沖縄南部エリアのおすすめドライブスポット〜東海岸編〜

2024.07.06

こんにちは。
ニシズの髙田です。

今回は夏休み企画ということで、沖縄県本島南部エリアのオススメドライブスポットをご紹介したいと思います♪
今回は東海岸編となります。

※ちなみに東海岸と西海岸の分岐点は、沖縄本島最南端の「喜屋武岬(きゃんみさき)」を分岐点としたいと思います。

今回訪れるスポットはこちら!

地図で見るやんばるのおすすめドライブスポット

沖縄南部エリアの特徴

沖縄の南部エリアってどんなところ?

沖縄の南部エリアは、県庁所在地の那覇市を有する都会的なイメージがあるエリアです。
国際通り、首里城、瀬長島などなど・・・観光客が多く訪れるイメージがありますが、
ドライブしながら沖縄の人も楽しめるスポットがたくさんあります♪

ちょっと町から離れると昔ながらの沖縄の自然が残っていたり、沖縄の人も感動するレベルの綺麗な海が広がっていたりしています。

また、以前やんばるドライブの記事で紹介したおすすめスポットと比べて、
隣接しているスポットが多いため、効率良くたくさんの場所に行けるのもメリットですね!

有名なスポットも、「いつでも行けるから」という理由で意外と行ったことがないという沖縄県民の話をよく聞きます。
家族で楽しめるスポットも多くあるので、夏の思い出作りの参考になったら嬉しいです。

沖縄の南部エリアをドライブするにあたっての注意点

まず最初に気をつけておきたいのが「渋滞」です。

当たり前ですが、平日の朝夕の通勤・帰宅の時間帯は基本的どこも渋滞しています。
特に那覇市久茂地エリアを中心とした関連道路、浦添パルコシティ付近は混んでいるイメージがあります。

土日は近隣の商業施設で大型イベントなどが開催されていたら絶対に渋滞します。
他都道府県と比べて遊ぶところが限られる沖縄では、1つのイベントに人が集中する傾向があります。
事前に情報を調べておくのも大切ですね。

また、「バスレーン」にも注意が必要です。

北部・中部在住の方にはあまり馴染みがありませんが、
バスやタクシーなどをスムーズに通行させるために、一部道路の一部時間帯において一般車両は通行してはいけないというルールがあります。
れっきとした道路交通法で、違反すると罰金が課せられます…

そうなってしまうとせっかくのドライブが台無しになってしまうので、気をつけましょう!
ちなみに、沖縄県のバスレーンは下記の通りです。

【沖縄県のバスレーン一覧】
・安里交差点~松川交差点(県道29号)
・宜野湾市伊佐~那覇市久茂地(国道58号)
・県庁北口~安里三叉路(国際通り)
・旭町交差点~古波蔵交差点(国道330号)
・松川交差点~山川交差点(県道29号)
・那覇高交差点~開南交差点(県道222号)
・開南交差点~与儀交差点(県道222号)
・古波蔵交差点~与儀交差点(県道330号)
・古波蔵交差点~国場交差点(国道507号)
・国場交差点~兼城交差点(国道507号)
※こちらのサイトで分かりやすく解説していました:沖縄ガイドナビ | バスレーンマップ
※2024年現在の情報です

それでは、沖縄県本島南部エリア(東海岸編)のオススメドライブスポット6ヶ所をご紹介させていただきます!

沖縄県営平和祈念公園

平和祈念公園は沖縄戦終焉の地となった糸満市摩文仁にある、約40ヘクタールの非常に大きな公園です。
公園内には戦没者墓苑や慰霊塔、平和学習のための資料館、大型遊具などがあります。

年中様々なイベントが開催されており、沖縄最大のマラソン大会「NAHAマラソン」の中間地点になっていることでも有名です。

地元住民が遊具でこどもを遊ばせたり、ピクニックなどでも人気の公園です。

また、平和祈念資料館など、平和学習ができる場でもあるので多くの学生や旅行客が訪れます。

平和祈念公園の北側には、大型遊具や家族でピクニックができる広場がある「子供の広場」という区画があります。
以前「沖縄のおすすめ公園」でもご紹介させていただきましたが、地元住民に大人気のスポットとなっています。

遊具で遊んで、平和学習もできて・・・というスポットはなかなか無いのでは!?
対象年齢0歳〜の遊具もあるので、家族みんなで楽しめますよ!

施設情報

住所・・・・・・・・沖縄県糸満市字摩文仁444番地
電話番号・・・・・・098-997-2765
営業時間・・・・・・なし(平和祈念資料館・平和祈念堂は9:00~17:00)
定休日・・・・・・・年中無休(平和祈念資料館・平和祈念堂は年末年始が休館日)
おむつスペース・・・あり(授乳室もあり)
HP・・・・・・・・ https://heiwa-irei-okinawa.jp/

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷とは、数十万年前の鍾乳洞が崩れてできた大昔の谷のこと。
約14,500坪の亜熱帯の森の中は、実際に歩いて大自然を感じることができます。
今回は私が実際にツアーに参加してきましたので、その様子をお伝えしたいと思います♪

駐車場からガンガラーの谷入口へ降りてツアーの受付を行います。
当日入れるか分からなかったため、私たちは事前に予約をしました。

事前に説明を受け、お茶が入った水筒をもらって、いざ冒険に出発です!!

洞窟に入る前にランタンを用意してくれました。
普段こんな体験することがないので興奮します!雰囲気最高です!

地上に出て、森を抜けると、綺麗な景色が見えてきました。
ここでツアーは終わりました。
ガイドさんの話は面白く、勉強になることも多かったです。

最後に記念写真を一緒に撮っていただきました♪

こどもの頃に感じていたあのワクワク感を思い出せて、とても楽しかったです♪
写真では伝わらない感動レベルの迫力を体感できると思うので、ぜひ遊びに行ってみてください!

ガンガラーの谷を楽しむための注意点

ガンガラーの谷を楽しむにはいくつかの注意点や気をつけた方が良いことがあります。
事前にチェックしましょう!

1.ガイドさんの解説を聞きながら複数人で移動するので、身勝手な行動はしない。
2.自然の中を歩くので、歩きやすい靴と服装で参加する。
3.ツアー中はトイレはありません。駐車場のトイレで済ませておきましょう。
4.指示されたルールを守る(動植物を持ち出さない、禁煙、三脚利用禁止、ペット不可 など)

足場が悪く、ベビーカーなどは持ち込み不可となります。
抱っこ紐を利用するか、自分で歩ける年齢であれば大丈夫だと思います。

施設情報

住所・・・・・・・・沖縄県南城市玉城字前川202番地 
電話番号・・・・・・098-948-4192
営業時間・・・・・・9:00~17:30
定休日・・・・・・・年中無休
おむつスペース・・・駐車場にあり ※ツアー中は不可
HP・・・・・・・・https://gangala.com/

奥武島

「てんぷら」で有名な奥武島は、沖縄在住であれば一度は訪れたことがある島だと思います。
150mの橋で本島と繋がっており、人口約950名の小さな島。
南部ドライブの大定番だと思いますが、2014年に「いまいゆ市場」がオープンしたり、おしゃれなカフェがあったり、昔ながらののんびりした雰囲気もありつつ、どんどんアップデートしています。

最近行ってないな〜という方はぜひ久しぶりに遊びに行ってみてください♪

名物の沖縄てんぷら

奥武島はてんぷらも有名ですよね。
今回は大城てんぷら店さんで購入しました!
出来立てで美味しかったです♪

新鮮な魚がいっぱい!いまいゆ市場

2014年にオープンした「いまいゆ市場」は、
お持ち帰りできるお魚はもちろん、その場で食べることができるお刺身やお味噌汁、海鮮丼なども充実しています。
奥武島名物のイカもたくさん置いてましたよ♪
カラフルなお魚も多いので見てるだけで楽しいです。

その他にも面白いスポットがいっぱい!

奥武島には観光ガイドに載っているお店以外にも、面白いスポットがたくさん♪
住民の迷惑にならないよう節度を守りながら、冒険してみても楽しいですよ!

施設情報

住所・・・・・・・・沖縄県南城市玉城字奥武
営業時間・・・・・・お店によって異なります
定休日・・・・・・・お店によって異なります
おむつスペース・・・公共スペースにはなし
HP・・・・・・・・https://www.kankou-nanjo.okinawa/tokusyu/oujima/

美らイチゴ 南城ハウス

美らイチゴ 南城ハウスはニライカナイ橋のすぐ近く、クルマで5分ほどの自然豊かな場所にあります。
沖縄最大規模のイチゴ農園で、イチゴ狩りのシーズンは毎年12月~5月中旬となっています。

新鮮なイチゴが食べ放題!!

ちなみに予約がいっぱいでイチゴ狩りに参加できなくても、カフェスペースで美味しいイチゴスイーツが食べれちゃいます!!

イチゴ狩りを楽しめる期間は限られてしまいますが、ぜひやってる時には遊びに行ってください。
楽しくて、美味しくて、最高の体験でした!

施設情報

住所・・・・・・・・沖縄県南城市玉城垣花555番地
電話番号・・・・・・なし(web予約のみ)
営業時間・・・・・・10:00~16:30(いちご狩りはHPをご確認ください)
定休日・・・・・・・月曜日、金曜日
おむつスペース・・・要確認
HP・・・・・・・・https://www.chura-ichigo.jp/

ニライカナイ橋

古宇利大橋と同じくらい有名で、観光雑誌で誰もが見たことがあるであろうあの有名な橋です!
綺麗なコバルトブルーの海が見渡せる大絶景のドライブスポットで、用事がなくてもわざわざ遠回りして走らせる価値ありです!

ニライカナイとは、海の向こうにあるとされる「理想郷」のことを指すそうです。
沖縄ではニライカナイより、毎年神様が人間の世界に訪れ、豊饒繁栄をもたらすと信じられてきました。
ニライカナイ橋からは、神の島と言われている久高島も見えます。

ニライカナイ橋で写真撮影する方法

橋の上は駐停車禁止となっており、
危険なので絶対に路上駐車をして橋の上で写真を撮らないでください!

では、どこで写真を撮るかというと橋のトンネルの上に展望台があります。
駐車場は無いため、陸上自衛隊知念分屯地の入口付近を目印に路上駐車となります。

※大型連休や夏休みシーズンは混み合う可能性があります。駐車マナーは守って走行の妨げにならないよう注意しましょう。

クルマを停めて徒歩2~3分で到着です。

オススメの時間帯は正午くらいです!
太陽が海面に反射せず綺麗な写真を撮る事ができます!

施設情報

住所・・・・・・・・沖縄県南城市知念吉富
定休日・・・・・・・年中無休
おむつスペース・・・なし

知念岬公園

斎場御嶽やあざまサンサンビーチなど、南部の人気観光スポットの近くに位置する知念岬公園は、太平洋に面した絶景が広がる公園です。
展望台までの遊歩道が完備されており、ドライブの休憩にはうってつけ!

目の前に広がる大自然に、思考がストップ。
何も考えず、ぼーーーーーっとしたくなりますね・・・

他の公園に比べると施設が充実している訳ではありませんが、この絶景だけで大満足です。
明日からまた頑張れそうです!

施設情報

住所・・・・・・・・沖縄県南城市知念字久手堅
おむつスペース・・・なし

まとめ

今回は夏休み企画ということで、沖縄県本島南部エリアのオススメドライブスポットを6ヶ所ご紹介させていただきました♪

那覇周辺は都会的な街並みとなっていますが、ちょっと外れると沖縄らしい自然がまだまだ残っています。

おむつ替えスペースを用意しているスポットも多くあるので、小さいお子様連れでも安心できますね!

今回は東海岸編をご紹介させていただきましたが、「西海岸編」はこちらからご覧いただけます。
両方見比べてみて、お好みのスポット・コースを選択してみてください。

おすすめ関連記事

この記事を書いたライター


髙田麻紀

広報の経験は浅く未熟者ですが、皆さまがワクワク・ウキウキできる情報を発信していけたらと思っています。 乗っているクルマ:HONDA フリード 最近の出来事:お掃除ロボットを購入しました。最高です!!