【新車紹介】日産 | キックス

2021.09.24

こんにちは。
ニシズブログの照屋です。

最近はコンパクトSUVが大人気ですね。
取り回しが非常によく、狭い道でも運転しやすいですし、立体駐車場に納めることも可能なちょうど良いサイズ感が人気の理由。
また、毎年のように新型車が販売されているため選択肢も多いことから、最近では「コンパクトSUVブーム」となっています。

本日はそんなコンパクトSUVの中でも、一際特徴のある「日産キックス」をご紹介させていただきます。

日産キックスとは

2020年6月30日に発売された日産の新しいコンパクトSUV。
特徴としては日産の最新テクノロジーが詰まった「e-POWER」が搭載されていること。
また、デザインもとてもカッコよく、欧州車を想像させます。
走行性能も申し分なく、特にe-POWERからくる加速レスポンスは爽快です♪

キックスは一般的なクルマと同じように、ガソリンを入れて走行します。
通常であればガソリンで起こす爆発がそのままクルマの動力源となりますが、
e-POWERはそのガソリンが起こす爆発を発電に使用し、ガソリンで発電した電気がクルマの動力源となります。
そうすることで100%のモーター駆動が実現し、力強い加速と高い静粛性が実現されます。

要するに、充電を気にすることなく日産リーフのような100%電気自動車の走りが手に入るということです!
(ちなみにキックスは全グレードにe-POWERが標準装備となっています)

欧州車を彷彿させるスマートな外装

まず最初に目がいくフロントはインパクト抜群の「Vモーショングリル」がとってもカッコいいですね♪
LEDヘッドライトもスマートで最近のトレンドが詰め込まれている印象を受けます。
う〜ん、、、カッコいい。

とても筋肉質な見た目で、SUVらしくタフさが感じられます。
また、上のルーフと下のメッキパーツのおかげでシュッと引き締まり、上質感が出て全体的にうまくまとめられたデザインですね。

後ろから見てみると、大きなテールランプが目を引きます。
こちらもインパクト大ですね!

また、キックスは全長4,290mmというサイズにしては、筋肉質な見た目のおかげでひとまわり大きく見えるのも良いポイントです!

日産キックスのボディーサイズ
・全長4,290mm
・全幅1,760mm
・全高1,610mm

スタイリッシュなデザインが魅力な内装

キックスは、ベースの「X」、内装が凝っている「Xツートーンインテリアエディション」、特別仕様車の「AUTECH」の3つのグレードから選べます。
特に人気なのが「Xツートーンインテリアエディション」で、欧州風のスタイリッシュなインテリアデザインが評価されています。
(写真は全てXです)

また、キックスのシートは長距離の高速バスなどに採用されて話題になっている「ゼログラビティシート」が採用されています。
ゼログラビティシートは、人間工学に基づいて設計されたシートで、座り心地がとても良いそうです。
僕も実際に試乗させていただきましたが、うまい具合に体がホールドされて、長距離でも疲れが少なそうな印象でした♪
ちなみに、あの日産スカイラインにも採用されているらしいです。

その他のインテリアも、全体的にスタイリッシュでとてもカッコイイ内装となっています。

ラゲッジスペースはトップクラスの広さ

キックスはコンパクトSUVらしく取り回しを重視したサイズとなっていますが、ラゲッジルーム(後ろの荷室)はとても大きく設計されており、サイズは423Lとかなりの大容量となっています。

ライバル車とのサイズ比較
トヨタCH-R・・・・・・・・・・・318L
トヨタライズ(ダイハツロッキー)・・369L
トヨタヤリスクロス・・・・・・・・390L
ホンダヴェゼル・・・・・・・・・・393L

また、SUVは一般的にラゲッジルームの開口部が高くなりがちですが、キックスはそのような心配はなく荷物の積み下ろしが簡単にできるように開口部は低くなっています。

日産キックスの嬉しいポイント

「プロパイロット」が標準装備

キックスには日産が誇る最新の運転支援技術「プロパイロット」が全車に標準装備されています。
プロパイロットは通常の走行時はもちろんのこと、高速道路での長距離運転や渋滞での運転をサポートするとてもありがたい機能。
実際に試乗させていただいたのですが、疲労やストレスが大幅に軽減されました!
特に高速道路での走行に関しては、走行スピードさえ設定すれば、ほぼ自動で安全走行してくれるのでとても感動しました!
安全増備が充実しているのはとても嬉しいですね♪
(あくまで補助機能となりますので、過信せず安全運転を心がけましょう)

「SOSコール」が標準装備

SOSコールとは、緊急事に手動で専用のオペレーターに連絡することができる万が一の時にとても安心な機能です。
車内での急な体調不良や煽り運転を受けた時など、このSOSコールスイッチを押すと、専用のオペレーターに繋がると同時に位置情報や車両情報が伝わり、適切なアドバイスとサポートを受けることができます。
場合によっては警察署や消防署などと連携して対応も行なってくれます。

運転中の急なトラブルはパニックになりやすく、どうしていいか分からなくなる時がありますよね。
そういった時の強い味方として「SOSコール」はとても重宝しますね。


※SOSコールは新車購入から1年間は無料で使用でき、2年目以降からは3,300円の年会費が必要になるとのこと(21年9月現在)

「インテリジェントルームミラー」が標準装備

従来のルームミラーの場合
(日産:キックス公式HPより)
インテリジェントルームミラーで映る映像
(日産:キックス公式HPより)

インテリジェントルームミラーとは、高性能カメラで車体後方を広く撮影し、その映像をルームミラーの代わりとしてディスプレイに表示するシステム。
キックスに採用されているインテリジェントルームミラーは、従来より解像度が改善され、夜間の視認性が向上されたタイプ。
昼夜問わず鮮明な画像で後方確認がしやすく、夜間の「後続車のライトで眩しい…」ということを防止することもできます。
また、従来のルームミラーのように、同乗者や車内の様子が映り込まないため、視界も非常に良好です♪

さらに嬉しいポイントとしては、インテリジェントルームミラーのON・OFFが切り替えられるため、
・最新機能のインテリジェントルームミラーモード
・通常のルームミラーモード
を自由に使い分けることが可能となっています。
周囲が明るすぎてカメラに映った画像が見にくかった場合は、従来のルームミラーに切り替えることができるので、その点も安心ですね♪

本日ご紹介させていただいた「日産キックス」はいかがでしたでしょうか。
この記事だけでは紹介できないもっと面白い機能や魅力もキックスにはたくさんあります♪
ぜひ西自動車の各店舗まで遊びに来てくださいねっ!
※1台しか試乗車を用意していないので、事前予約をオススメ致します

〈登川本店〉
住所:沖縄市登川2398
電話:098-938-7255(ガイダンス2番)

〈泡瀬店〉
住所:沖縄市与儀2-2-5
電話:098-932-0353

〈豊見城店〉
住所:豊見城市高嶺357−8
電話:098-852-2900

記事一覧へ