【新型車 徹底比較】スズキ ハスラー・ダイハツ タフト

2021.11.20

こんにちは。
ニシズの照屋です。

今回は、いま軽自動車の中でも大人気となっている軽SUVの代表格「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」を徹底比較をしていきたいと思います。

軽SUV、または軽クロスオーバーなどのジャンルを検討している方にとっては、この2台は必ず候補に入る代表的なクルマです。

迷って決めきれない・・・
という方は、ご参考にしていただけたら嬉しいです♪

スズキ ハスラー

2014年1月にスズキから発売されました。
「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」というコンセプトのもと、全く新しいジャンルのモデルとしてハスラーは注目を浴びました。

個性的なデザインで爆発的なヒットを続け、2020年1月には「もっと遊べる!もっとワクワク!!もっとアクティブな軽クロスオーバー」というコンセプトのもと2代目ハスラーを発売開始しました。 グレードは「HYBRID X」「HYBRID G」の2つをベースに、ターボ車のラインナップがあります。

以前紹介したハスラーの記事はこちらをタップorクリック

ダイハツ タフト

2020年6月にダイハツから発売されました。
「ジブン、オープン、青空SUV」のキャッチコピーが印象的なタフトは、ハスラーの対抗馬として発売されました。
バックパックを背負って旅している姿をイメージして設計したという通り、荷物をガシガシ積んで思いっきり遊ぶクルマにとなっています。

グレードは「X」「G」の2つをベースに、ターボ車や特別仕様車などのラインナップがあります。

以前紹介したタフトの記事はこちらをタップorクリック

外装デザイン

どちらも「THEアウトドア」というようなデザイン。
その中でもしっかりとそれぞれの個性が光っています。

ハスラーは2代目になって、流行りのスクエア形のデザインになりました。
その中でも丸いヘッドライトが特徴的で、どことなく愛嬌が感じられます。

ハスラーに比べて、タフトは無骨でカッコいい印象を受けます。
フロントデザインはスロットグリルを採用してもSUVらしさを演出。
ボディ四隅の樹脂パーツが良い味を出していてタフさが溢れています。

おしゃれでかわいいハスラーか、無骨でかっこいいタフトか、
外装デザインは好みの問題なので、直感的に好きなクルマを選んだ方が良いかと思います♪

内装デザイン

ハスラーは遊び心あふれるインパネデザインが特徴的。
運転席側のメーター部分、大型ナビが設置されているセンター部分、助手席側のアッパーボックス、それぞれ同色のフレームで組み合わされています。

タフトも負けじとバランス良いインパネデザイン。
左からタコメーター、マルチインフォメーションディスプレイ、スピードメーターと配置されています。ダイハツはメーターが中央部分にあるクルマもありますが、タフトは正面にディスプレイがあるので運転中も確認しやすそうですね。

シートの座り心地はどちらも同等だと思います。
最近の軽自動車は本当にクオリティが高いと感じます♪

後部座席

さて、ここからがハスラーとタフトの大きな違いになってきます。
ハスラーは左右が独立して前後スライド、リクライニング機能が付いています。
それに対して、タフトの後部座席は固定式となります。

タフトは「バックパックを背負って旅している姿をイメージして設計した」と本ブログの最初の方でお伝えしましたが、それが如実にあらわれているのが後部座席に対しての考え方。

タフトの後部座席は、遊びを楽しむフレキシブルスペースとして設計されています。
つまり、「モノをガシガシ載せる = ラゲッジルームとして使用する」ためのスペースとなっているため、後部座席は固定式となっているそうです。
また、フレキシブルスペースとして利用してもらうために、様々なオプションを用意しています♪
(オプションの詳細はスタッフへお問い合わせください)

ラゲッジルーム

どちらのラゲッジルームも、汚れや水分を拭き取りやすい素材でつくられているので、アウトドアのシーンでの活躍間違いなし。
タフトは「スカイフィールトップ」というガラスルーフが付いており、ハスラーに比べて開放感があります。
車中泊しながら星空を…なんてことも可能ですね♪

燃費

〈ハスラー〉
グレード・・・HYBRID X、HYBRID G
2WD車 25.0km/L
グレード・・・HYBRID Xターボ、HYBRID Gターボ
2WD車 22.6km/L

〈タフト〉
グレード・・・G、X
2WD車 20.5km/L
グレード・・・Gターボ、Xターボ
2WD車 20.2km/L

※ともにWLTCモードでの燃費計算となります

燃費に関しては、ハスラーに軍配があがりますね。
その理由として、ハスラーには「マイルドハイブリッド機構」が搭載されているためです。

マイルドハイブリッドは、近年多くの新型車に搭載されているのですが、
その特徴としてEV走行(電気のみでの走行)ではなく、発進時や加速時など燃料を多く消費するタイミングで
モーターがエンジンをアシストすることで燃費を向上させます。

マイルドハイブリッドはHYBRID機構の中でも低コストで搭載可能となっているため、軽自動車を中心に普及が進んでいます。

それぞれの特徴

スズキ ハスラー

オシャレな2トーンカラーで街中でも目立つこと間違いなし

カラーバリエーションは豊富な10種類。
どのカラーもハスラーのデザインを引き立たせる良い色です。
どの色も良い感じで、選ぶのも迷ってしまいますね♪

ダイハツ タフト

圧倒的開放感のスカイフィールトップ

タフトの売りの一つでもある「スカイフィールトップ」がこちら。
固定式のガラスルーフで、開閉することはできませんが、それでも頭上の開放感は抜群です。

パッと見た感じ、日焼けが気になる…
と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、このガラスは紫外線を99%カットする
「スーパーUV&IRカット」という施工がされています。
日焼けにも強く、室内の温度が高くなりにくいというありがたいガラスです♪

電動パーキングブレーキ

タフトは一般的なパーキングブレーキではなく、電動パーキングブレーキを搭載しています。
レバーを引いたり、ペダルを踏み込んでパーキングブレーキをかける必要がなく、このスイッチ1つでOKです。

ハスラーとタフトの比較表

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。
ハスラーとタフトの徹底比較はいかがだったでしょうか。

4名乗車で快適にドライブできるのはハスラー
荷物をガシガシ乗せてアクティブに使用するならタフト

クルマを使うシーンによって、どちらを選択するか分かれそうです♪
実際に両方を見比べて、乗り比べてお選びすることをオススメいたします!

ハスラーやタフトが気になった方は、気軽に遊びに来てくださいね〜
(ご来店の際は事前にご予約いただいたらスムーズです)

店舗情報

〈登川本店〉 
住所:沖縄市登川2398
電話:098-938-7255(ガイダンス2番)

〈泡瀬店〉 
住所:沖縄市与儀2-2-5 
電話:098-932-0353  

〈豊見城店〉 
住所:豊見城市高嶺357−8 
電話:098-852-2900

〈糸満店〉 
住所:沖縄県糸満市潮平794ー2
電話:098-992-6322

〈南山店〉 
住所:沖縄県糸満市阿波根610-1
電話:098-996-4100

記事一覧へ