エンジンオイル

エンジンオイル【これって知ってました??】

さて今回は今さら人に聞けないみんな意外と知らない車のあれこれ

「エンジンオイルそろそろ交換したほうがいいですね」
ガソリンスタンド等で勧められた経験ありませんか?

急いでいるときなんかにすすめられると、ちょっと困りますけどね。
だけど、なぜエンジンオイルの交換をすすめるのでしょうか?

エンジンオイルの交換をすると、燃費もよくなるし、車の寿命にも影響があるのです。

「エンジンオイルってそんなに重要なの?」 そうなんです。
車の原動力となり心臓部となるのがエンジン。

エンジンがかからなければ当然車は動きません。そのエンジンの内部を駆け巡り、重要な役割を果たしているのがエンジンオイルです。

エンジンオイルの具体的な仕事は

  1. 摩擦による無駄なエネルギーの損失を防ぐ潤滑
  2. 発熱からエンジンを守る冷却
  3. エンジンの汚れを取り除く洗浄
  4. 空気が流入することを防ぐ密閉

の4つ。

要するに、人間で言う血液なんですね。
だから、血液と同様に不摂生だと問題が・・・。まず思いつくのは動脈硬化。

ガソリンという「脂肪(油)」ばかり食べているエンジンは当然動脈硬化まっしぐら。

だから定期的に入れ替えてあげないとどうなるか想像できますよね?
血液の流れが悪いと心臓であるエンジンはオイルを潤滑させるために普段より無理をします。

当然、燃費が悪くなってしまう、さらにエンジンの負担が大きいと高血圧やら動悸・めまいといった症状が徐々に・・・。
結果的に車の寿命が短くなるんです。

ですが、逆に定期的に交換して綺麗な血液を保てば・・・燃費はよくなるし寿命も伸びる!!いいことづくめなんです。
だから、車にたずさわる仕事をする人はエンジンオイル交換をよくすすめるんですね

「本当に車にとっての理想の交換時期は?」となると・・・やはりプロの整備士の判断が必要になってきます。

一般的には半年に1回か5千Km毎程度ですが、車種やメーカーによっても変わります。詳しくは車のプロ弊社整備士に聞いてみて下さい。

「私の車のオイル交換の目安はどれくらいですか?」きっと優しく詳しく教えてくれますよ!

それでは皆様、今も 安心・安全、素敵なカーライフを♪