バッテリーのおはなし

今さら人にきけない!みんな意外と知らない車のあれこれ!
今回は「バッテリー」のお話し

最近の車には電気制御のパーツやコンピュータ制御システムなどが多く搭載されていますし燃費を抑えるためのアイドリングストップ装置などで頻繁にエンジン始動を繰り返したり、ナビやDVDなどの車載AV機器など車の電気装置のほとんどがバッテリーによって動いています。

バッテリーとは蓄電池のことで乾電池と違い充電が出来ます(今は充電式の乾電池もありますが)

バッテリーは人間にたとえると栄養分(電力)を貯蔵しておく肝臓のような働きをします、自分では大丈夫だと思っていても知らないうちに痛んでいるかも知れませ、ですからバッテリーのメンテナンスはとても重要なものです。

バッテリーは年に2回の充電と液補充をすることで性能を維持し、消耗を少なくし長持ちさせることが可能なのです、車の使われ方やバッテリー自体の性能によっても異なりますが、だいたい2年から3年の間が交換の時期です。

定期点検をしないものとしたものではバッテリーの消耗が違うこともわかります、バッテリーのメンテナンスを怠るとスターターに支障がおき、エンジンがかかりづらくなったり、オルタネーター(エンジンに付いている発電機)が発電した電気を充電や蓄電することが出来なくなります。

バッテリーを長持ちさせる為には定期的に整備工場でバッテリーチェックを行い、液量を常に規定レベルに保つことが重要になってきます。

人の健康も普段からの気配りが必要なように車の健康もこまめな点検が必要です、特にバッテリーは充電と液補充によって寿命を延ばすことが出来ます。

車種によってさまざまな種類がありますが車の事を考えスタミナのあるバッテリーを選ぶことで快適なカーライフを保つことが出来るのです。

適正なバッテリー選びも弊社サービススタッフにご相談下さい。
それでは今日も安全・安心なカーライフをお過ごし下さい。